食べないの 痩せない 停滞期

食べないのに痩せないのは停滞期?

体重計に乗る女性

 

それほど食べないのに、なぜか体重が落ちずに痩せない時ってありますよね。

 

実は、ダイエット中には必ず停滞期というものがあります。

 

停滞期をいかにして乗り切るかによって、ダイエットが成功するかがかかってきています。

 

停滞期とは、体のホメオスタシス機能のことです。

 

生命維持に必要な機能のことで、体重が急激に落ちた時に、脳が生命が危機状態に落ちいていると思い、元の状態へ戻そうとしてしまいます。

 

ダイエット中でわざと食べないようにしているのに、脳が勝手に餓え状態と思って余計なエネルギーを使わないようにしてしまいます。

 

体の燃費が悪くなってしまうので、体重が落ちなくなってしまうことをダイエット中の停滞期というのです。

 

停滞期に突入する時期は個人差がありますが、ダイエットを始めてから平均して1〜2か月ほど経過した頃に突入します。

 

脱出するまでにも個人差がありますので、うまく乗り切ることが大切になります。

 

停滞期中は無理に今以上に食事を抜くのではなく、筋トレやウォーキングなどの運動を中心にやっていくことをお勧めします。

 

体重が落ちなくても筋肉が増えるので停滞期を脱出した時に、今以上に痩せやすくなりますので頑張りましょう。